安井金比羅宮

観光案内に戻る

※拡大・縮小は「+」「-」の目盛りで行えます。地図はドラッグ可能です。
アクセス 市バス 東山安井下車 徒歩約3分
当館より 徒歩約10分
詳細情報

境内自由
絵馬館のみ有料。(月曜休館)

天智天皇の御代(668〜671)に藤原鎌足が一堂を創建し、紫色の藤を植え、藤寺と号し、家門の隆昌と子孫の長久を祈ったことに始まる。第75代崇徳天皇(1123〜41)は特にこの藤を好まれ、久安二年(1146)に堂塔を修造して、寵妃烏丸殿(からすまどの)を住まわされた。下って1177年、大円法師が参拝されたときに、崇徳上皇が姿を現されたことを後白河法皇に伝え、詔によって建治年間(1275〜77)に建立された光明院観勝寺が当社の起こりといわれている。同寺は応仁の乱(1467〜77)の兵火により荒廃したが、元禄八年(1695)太秦安井にあった蓮華光院が当地に移建された時に、その鎮守として崇徳天皇に加えて、讃岐金刀比羅宮より勧請した大物主神と、源頼政を祀ったことから安井の金比羅さんの名で知られるようになった。明治維新後、院を廃し安井神社と称したが、第2次大戦後安井金比羅宮となった。

お電話でのご予約・お問い合わせ

  • プラン一覧を見る
  • 予約確認・変更・取消

いいね!を押していただいた方限定に お得なプラン情報をお届けしています!

クチコミ評価

上記の花楽のクチコミはTripAdvisorより提供を受けています